3Dプロジェクターでホームシアターを楽しむ

最近は3Dでの映画上映も当たり前になっており、ブルーレイも3D対応の物が増えています。家庭で迫力の立体映像を楽しむ方も増えているのではないでしょうか。そして、家庭でホームシアターなどを楽しむために役立つプロジェクターにも、3D対応の物が増えています。これらをそろえることで、家庭での映画鑑賞もより楽しい物になるでしょう。
家庭で3dプロジェクターを使って立体映像を楽しむために必要な物は、プロジェクター本体以外にもいくつかあります。まず、ブルーレイ再生機にも3d対応の物が必要です。それらはHDMI端子でつなぐのですが、3d映像は情報量が多いため、転送速度の速い3d対応ケーブルが必要になってきます。また、部屋を暗くしないときれいな映像にならない場合は、外の明かりを遮る遮光カーテンなども必要です。また、当然3dメガネが必要なので、大人数で楽しみたい場合は人数分必要になります。
3Dを体感できる物としては、ブルーレイのほかにゲームなどもあります。みんなでわいわい楽しめる体感ゲームなども、3Dの物であれば楽しさも倍増するのではないでしょうか。映像だけでなく、サラウンドシステムなどにもこだわれば本物の映画館気分を味わえるかもしれません。2Dの映像を3Dに変換してくれる物も存在します。3D映画の普及により再生機などでは3D対応は当たり前になっていることから、3Dプロジェクターに興味を持たれる人も、今後さらに増えていくことでしょう。